声優・石田彰さんを主に、節操無しにヲタ語り。相手してやって下さい。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
関東図書基地男子寮・第3回レビュー。
2008-05-16 Fri 23:55
◆関東図書基地広報課【男子寮】・第3回◆
パーソナリティ≫前野智昭さん、鈴木達央さん
ゲストパーソナリティ≫石田彰さん


堂上の「せーのっ」がまず可愛くて叫んだCagllaです。
何ていうか、初っ端から石田さんのSっ気炸裂です(笑)
そしてジェネレーションギャップでの自虐が…お父さんて…///;
いや、でも待てよ?石田さんが●●歳、お2人が2●歳…
親子ほど離れてる年齢なんですね。改めてびっくり。
実は、『図書基地』を聴くのが男女合わせて初めてなので
男子寮が2連敗とかいったそういう背景が全く分かっていません。

初デートの場所。
前野さんはジャ●コの屋上、鈴木さんは映画館。
石田さんは彼女の発表会だったそうなんですが
初チューは「結婚までは…」という主義なんだそうです。
何だろう、石田さんの口から「ナニをしたの?」とか
「初チュー」とか「結婚」とかを聴くと無駄にドキドキしちゃいます。

石田さんゲストという事でメールが倍増したんだそうですよ。流石!
んで、男性からばっかりのウェルカムメールにて
「テコ入れですか?」というきっついツッコミがあったり
「P.S.石田さん大好きです!」という告白があったり(笑)
前野さんは石田さんの事を尊敬されているんだそうです。
鈴木さんから見た石田さんは、生活感が見えない方なんだとか。
だからと言って刀の手入れをしているって想像もどうなんだ。
それらに対して石田さんは、「他人に興味がないから」とバッサリ。


特別コーナー・教官対決!!【教官戦争勃発】
前野さんと石田さんによる『図書館戦争』知識バトル!
原作を読んでいるという前野さんに対して
石田さんが読んだのはハードカバー4巻のうち、1章。
「ちゃんと1章読みましたよ?」と、何故か自信満々な石田さん。
ちなみに、1章ってたった72ページだそうなんですけども
もう本当にめちゃくちゃお忙しい石田さんですからね。
他の出演作品の原作とかも読まれたりするでしょうしね。

問題01:堂上と小牧の階級は?→2人とも不正解。
問題02:堂上と郁の身長差は?→2人とも正解。
問題03:堂上と柴崎の身長差は?→石田さん正解!
問題04:TF演習前の柴崎の台詞は?→前野さん正解!
問題05:郁が人前で本を読まなくなった理由は?→2人とも正解。
問題06:その時郁が読んでいた本は?→2人とも不正解。
問題07:手塚の告白、小説での柴崎の寸評は?→2人とも正解。

超初級問題から始まったというのに、レベルの低いお2人。
4択で、選択肢が多くて確率が低くなると石田さんが拗ねてました。
問題06では、お2人してボケて不正解でしたからね。面白すぎ。
「鈴木達央写真集、え、それどこで買ったの?!」←細かいよ。
さらには「俺の裸を見せてやる!」…是非、石田さんのはd(殴)

問題がなくなってしまった事により、強制的に引き分けで終了。
読んでる前野さんと、1章しか読んでない石田さんとで
互角っていうのもどうなんだろうと思ったんですけど…。
石田さんは、試験勉強全然しないでテストに臨んで
「勉強してないよ~」と言ってて、低い点数取ってたそうです。
勉強が嫌いと仰ってますけど、そんな風には思えないんだよな。

罰ゲームのセンブリ茶は、2人とも飲む事になったんですけど
それが何と、紙コップ一杯に入っててしかも熱いんだとか。
「なるほど、僕達の健康を考えてくれたって事なんだね…
 ってんな訳あるかい!!
そうツッコみながらも一気に飲み干した石田さん。すげぇ…!;
事前調査で事務所から「苦いものが苦手」と聞いてたそうです。
顎と手が震えながらも、頑張ってたそうです。お疲れ様です。
あんなに「あ゙ーーーーー!!!」と叫んだ石田さん、初めてかも。
対して前野さん、猫舌だとかで1口しか飲んでないって;;


ゲームコーナー・メディア良化法
お題を説明して、答えてもらうというゲームだそうで
これで男子寮は女子寮に2連敗しているんだそうです。なるほど。


………ごめんなさい、とりあえずここまでで一旦停止。

関連記事
別窓 |  ∟出演レビュー・レポ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<○mono?Rise○…36 | ○monoRise○ | 重ならないでよ;;;>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| ○monoRise○ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。