声優・石田彰さんを主に、節操無しにヲタ語り。相手してやって下さい。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
『NANA』6巻:COMIC REVIEW 54.
2008-02-26 Tue 22:53
◆『NANA-ナナ-』6巻/矢沢あい先生◆


 【Caglla的評価】
  ストーリー:★★★★☆
  キャラ:★★★☆☆
  愛というもの:★★★★★

 【STORY】
  『ブラスト』と『トラネス』の交流が始まったが
  奈々が憧れのタクミと関係した事から皆の感情が乱れ始める。
  少しずつ、何かが変わり始める奈々とナナは…!?




奈々とタクミがヤっちゃっていた事がバレました。
それも相当最悪の形で、ブラストメンバー全員に。あいたー。
ナナとノブ・シンとレン・ヤスのショックは種類が違うけど
でもやっぱりさ、本当に思ってもみなかった事だろうから
それぞれすっごくショックだったと思います。うん。
特にノブはね。思わせぶりな事もあったから余計に。
シンちゃんとしても、ママをバカにされた気分だろうし。

ただ、ナナだけはCagllaはちょっと理解し難いんですよ。

何だろ、ナナはトラネスに対してのコンプレックスが大きいから
奈々がタクミとヤっていた事そのものについてよりも
トラネスに大事なものが取られたって事の方が割合高いでしょ。
言っちゃえば、子供染みた独占欲ってカンジがして
どうしても周りと比べると浮いている気がするんですよね。
あ、1番浮いているのはハチですけどね、やっぱり。
でもハチがこうなっちゃうのは、しょうがない気もするし…
だって雲の上の存在がすぐ目の前にいるんだよ?浮かれるって。
そりゃ花占いなんて痛い事もやっちゃうって(そこかい)

第18話の冒頭好きです。シンちゃんとノブの語らいのシーン。
アニメを見逃したイチコさんに、深夜にメールで長々と
こんなお話だったんですよと説明した思い出があります。
大人で経験豊富なシンちゃんと、純粋なノブ。対照的です。
背伸びしてる訳じゃなくて本音で言っている分、
シンちゃんの言葉は的確で怖いとすら思えてしまいます。
ちらっとお仕事や過去が垣間見えたのもありますけどね。
けど、今回、等身大のシンちゃんを1番表しているのは
「ごめん…僕にも分からない…」って言葉だと思います。

んで、愛についてもがくノブも何とか男を見せました!
普通あの状況で言えんって、「タクミ」って。怖いから。
うん、でも一生懸命だから応援したくなります。頑張れ。
ハチのベクトルは完全にあっちゃ向いてますけどね(…)

関連記事
別窓 |  ∟コミック・ドラマCD | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『ファイブ』3巻:COMIC REVIEW 55. | ○monoRise○ | 『きみが恋に堕ちる』:COMIC REVIEW 53.>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| ○monoRise○ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。