声優・石田彰さんを主に、節操無しにヲタ語り。相手してやって下さい。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
『黒の太陽 銀の月』3巻:COMIC REVIEW 51.
2008-01-15 Tue 14:42
◆『黒の太陽 銀の月』3巻/前田とも先生◆
 

 【Caglla的評価】
  ストーリー:★★★☆☆
  キャラ:★★★★☆
  人の幸せについて:★★★★★

 【STORY】
  笑ったり、幸せを感じたりしちゃいけないのに……。
  中央の教会から派遣されたラズが居つき、
  がぜん賑やかになってきたシキミの教会。
  だがその一方でシキミは、過去の恐ろしい悪夢に苛まれていた。
  そして血への渇望から自らを失ったシキミは、
  ある夜、ついにタキに手をのばす……!!
  「水の色 海の青」「夜の森は美しく」を収録した好評シリーズ第3弾!

 


何故、シキミの見た夢の中で、タキがシキミに向かって
心臓を差し出しているのかこの時は分からなくって
ただただ、その前の子供達の言葉から怖かった覚えが。
いや、何度読み返してもぞっとします、この夢の描写は。

自分の中では確実に“人間の自分”が消えつつあって
見ていて痛いほどに自分を追い詰め蔑むシキミ。
そばで笑ってくれる存在が2人もいるというのに、
自分は普通じゃないからって殻に閉じこもろうとしてて…
本当は笑いたいんでしょ?素直になりなよ、ね?って
思わずコミックに向かって語りかけそうに←危ない。
でも本当に痛々しいんですよ、苦悩するシキミがっ;
前田先生、お願いだからやめて…心臓に悪いです…(泣)
そのせいで、タキがクジラを知らないって言う件も
「そっか、山育ちやと海知らんねんや。可愛いなぁ~」
とか何とか悠長に思える余裕がなかったんですから。

何でアンタらはそんな…っ!
目の前におるシキミが
こんなにも苦悩しとんのに(涙)


そんな心境でした。重いっきりラズに殴られそう。

 
でもやっぱり、シキミに前を向くように悟らせてくれるのは
このどこまでもまっすぐなタキの言葉なんですよ。
どれだけ力説しても、天然には絶対に敵わないんです。
ありがとう、タキ。アンタは必要不可欠だよ(あれ?)

 
で、意を決したシキミがタキとラズに過去を語るんですが。
(果たしてタキがどこまで理解できるかはさておき。)

シキミが黒髪!!!!!///

ごめんなさい、銀髪銀眼の今も好きなんだけど
黒髪眼鏡(+牧師)には勝てません。えぇ、大好きです。
何だか性格も可愛い、不器用で純粋ってどうよ?
そして何より今より若い、っつーか幼いんですもん。
Cagllaの中でより一層愛が偏った瞬間でした(腐)

グレイは変わらず謎だらけです。何者ですか、だから;
夢に出てきたのは、恐らくこの孤児院の子供たち。
恋人のアマーリアは一体どうなってしまったのか。
とにかく気になる事だらけで終わっちゃいました;

でも1番印象に残ったのは、シキミとアマーリアの初さ。
どうしようアレ、ちょっと意地悪しかけたシキミも
最後には赤面して2人向き合って俯いちゃったり
指輪渡すタイミング図ってそわそわしちゃったり
見ていてこっちが恥ずかしくなっちゃいました///;

 
…過去を語る事で、またシキミが引きずられないかな…


参加中です…→ブログ村ランキング 人気ブログランキング FC2ブログランキング
関連記事
別窓 |  ∟コミック・ドラマCD | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<2つの話。 | ○monoRise○ | 『ヤッターマン』第1話感想。>>
この記事のコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008-01-15 Tue 19:19 | | #[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| ○monoRise○ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。