声優・石田彰さんを主に、節操無しにヲタ語り。相手してやって下さい。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
COMIC REVIEW 34.
2007-06-05 Tue 22:23
 

◆『下弦の月』全3巻/矢沢あい先生◆
 

  【Caglla的評価】
   ストーリー:★★★★☆
   キャラ:★★★☆☆
   純粋度:★★★★★

  【STORY】
   彼氏の浮気、親友の裏切り、父親の再婚…
   女子高生・美月は毎日に嫌気がさしていた。
   そんな時、月明かりの下でアダムと出逢う。
 

この作品、映画化・ノベライズと展開していますが
オリジナルが1番好きです。つかオリジナルだけ好き。
先日、深夜にTVで映画が放送されてたんで観ましたが
あまりにもひどくて途中で停止ボタン押しました。
『NANA』の方が断然マシだと思えるクオリティです。

すみません、ネタバレしないと説明が辛い;;
輪廻転生って知っていますか?確か仏教の教え。
肉体が滅びても魂は生き続け、また肉体に宿るってヤツ。
生まれ変わりとか前世とか来世とかの事です。
この作品はそれが根底にあります。深いテーマ。
つまりは“運命の恋人”が出てくるんですよ。
あれ?違うな、アダムの執念勝ちってカンジ??

イブ(美月)をちゃんと成仏させてあげるために
イブがいう彼氏・アダムを必死で捜す蛍達。
その中で蛍や沙絵ちゃんの気持ちが動いていって
本当におまえら小学生かとツッコみたくなりましたが
でもやっぱり、全編通して好きな作品です。
 

ただこれも、『りぼん』でやるにはどうよっていう…
…あれ、もしかしてCagllaが思ってるよりも
『りぼん』ってお姉さん向けだったりします?;
とにかく、第1話の扉絵とアオリが怖かったんです。

運命をかけて、今、美月が動き出す…

とか何かそんなカンジ。横向きの美月がバーンと。
かなりインパクトがあったのを覚えてます。

関連記事

別窓 |  ∟コミック・ドラマCD | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<COMIC REVIEW 35. | ○monoRise○ | COMIC REVIEW 33.>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| ○monoRise○ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。