声優・石田彰さんを主に、節操無しにヲタ語り。相手してやって下さい。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
COMIC REVIEW 39.
2007-07-10 Tue 08:08
20070722194514

 

◆『鋼の錬金術師』2巻/荒川弘先生◆
 

  【Caglla的評価】
   ストーリー:★★★★☆
   キャラ:★★★☆☆
   無力さ:★★★★★

  【STORY】
   エドワードとアルフォンスの兄弟は
   幼き日に喪った母を錬金術により蘇らせようと試みる。
   しかし、錬成を失敗したエドワードは
   左足と弟・アルフォンスを失ってしまう。
   自分の右腕を代償にアルフォンスの魂を錬成し
   何とか鎧に定着させるが、その代償は大きすぎた。
   そして兄弟は、全てを取り戻す事を誓うのだった。
 

この巻は、何と言ってもニーナとアレキサンダー。
アニメタイトルは確か「合成獣の哭く夜」でしたっけ。
綴命の錬金術師、ショウ・タッカーが引き起こした
あまりにも悲しくて切ない、傲慢で残酷な悲劇。

「ニーナとアレキサンダー、どこに行った?」
「……君のような勘のいいガキは嫌いだよ」

自分の地位を守るために、妻を、娘を殺したんです。
母親を失ったエドに、「辛かったね」って言ったのに
あれは嘘だったの?どういうつもりで言ったの?

人間兵器である国家錬金術師。軍の戌。悪魔。

「人間なんだよ。
 たった1人の女の子さえ助けてやれない、
 ちっぽけな人間だ………!!」
 

タッカー父子を惨殺した謎の男・スカーが
エドとアルにも襲い掛かります。あんなの反則だ;
絶体絶命の大ピンチに駆け付けたロイさん達。
だけど残念、この時、雨だったんですよね~゜

「雨の日は無能なんですから下がっててください、大佐!」
「そうか、こう湿ってちゃ火花出せないよな」

ホークアイ中尉に足払いかけられて命拾いしたものの
部下の言葉に激しく心を傷つけられてました(笑)
デタラメ人間の万国ビックリショー・命の危険あり。
Cagllaもヒューズ中佐と同じ事するだろうな…

「はは…ボロボロだな、オレ達。
 カッコ悪いったらありゃしねぇ」
「でも生きてる」
「うん、生きてる」

この2人が言うと、ものすごく重いですよね。
 

思いがけず、マルコーから得た賢者の石への手掛かり。
だけど、ラストが先回りしそうなカンジです。
 
 
 
人気blogランキングへ
 
関連記事

別窓 |  ∟コミック・ドラマCD | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<COMIC REVIEW 40. | ○monoRise○ | 石田彰さん情報-301>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| ○monoRise○ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。