声優・石田彰さんを主に、節操無しにヲタ語り。相手してやって下さい。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
COMIC REVIEW 40.
2007-07-10 Tue 22:39
20070722193431

 

◆『天使祝詞』2巻/くさなぎ俊祈先生◆
 

  【Caglla的評価】
   ストーリー:★★★☆☆
   キャラ:★★★☆☆
   家族ごっこ:★★★★☆

  【STORY】
   ある日、日本刀の使い手・駿河と
   ともに任務を行うことになった結。
   実の父親・富田の殺人を依頼した青年・京也の要望で
   2人は京也とその弟・虎太郎になりすまし富田に接近。
   だが、2人に何とか愛情を伝えようとする富田の姿に
   肉親の愛を知らずに育った駿河は懐き始める…。
 

結と駿河が兄弟…結と駿河が……あの結と駿河g(略)
普通に考えて容姿・言語から兄弟って無理あるよ;;
所長さんも、危ない橋を渡るなぁ~と思ってたら
なるほど。そういう狙いもあったんですね。

偽リヒャルド、やる気あるんかい、おまえ;
でも、暗殺者としては立派な姿なんですよね…
ただ結の場合、融通・応用が利かないだけで。
つまり、それだけ結が純粋だって事なんですよ。

[他人が作ったものを簡単に食べない。]
[いついかなる時も戦闘体勢。]
[組織からの命令は絶対。]
[特に宮城の言葉は絶対。]

だから、出された料理を食べようとしなかったし
夜中に訪ねて来た駿河に、銃口向けたし
「宮城もそう言うとったで!」っていう嘘に
絞めてた力を緩めて死体を増やさなかったし。

でも全ては“依頼”を成功させるためだから
「おっちゃん殺さんとこうや」「宮城も言うとったで…」
っていう駿河の言葉には乗りませんでした。
 

得物を隠された状態でどう出るのかと思ったんですが
…まさかああ来るとは思いませんでした。ヤラれた。
確かに3つくらい伏線(?)がありましたもんね。
「お父さん」の温かさを初めて知った駿河にとって
きっと今までで最も残酷で衝撃的な暗殺だったかと。
追い打ちをかけるように告げられた結の言葉。

「お前なら実の親ゆうのをよぉ殺せる言うんか?!」

「殺したよ」
 

天然だったり、口が達者だったり、生意気だったり
普段は可愛い気あるからそんな風には見えないけど
でも、結も駿河も宮城も音桐も裏の人間なんですね。

本当に、自分を赤ん坊の頃から育ててくれた所長が
自分の親を殺したと知ったら、駿河はどうなるんだろ…
 

ところで。

4巻帯に、“ドラマCD化決定!”“'07年初夏発売”、と
あるんですけど、その後どうなったんでしょうか?
是非とも石田彰さんに宮城を演って頂きたいのですが。
あ、でも結でも合うかも?いっその事両方…(コラ)

とにかく早くキャストが知りたいんですよっ!
 
 
 
人気blogランキングへ
 
関連記事

別窓 |  ∟コミック・ドラマCD | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『[再]NARUTO-ナルト-』第40話感想。 | ○monoRise○ | COMIC REVIEW 39.>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| ○monoRise○ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。