声優・石田彰さんを主に、節操無しにヲタ語り。相手してやって下さい。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
決意しました。
2009-12-08 Tue 22:09
明日、病院帰りに乙女ロード寄って見つかったら買ってきます。
んで、ギリギリですが応募します。PSP『LUNAR』限定イベント。

だって郵送だと11日必着だし。webだとしても11日までだし。
多分それまででソフト買いに行けるチャンスは明日が最後。
もし明日見つからなかったら、5,000円の宝くじ、すっぱり諦めます。

いや、もし当たったとしたら宝くじどころの話じゃないよね。
だって限定30名様のイベントですよ。何その超絶レアなイベント。

ここで問題なのが、ゲームソフトを買った事がないCagllaは
アニメイトのゲームフロア?にも行った事がないんですよ。
そして、乙女ロード(池袋)のヲタショップはアニメイト以外だと
ほとんど足を運んだ事がないんですよね。どこに売ってるの?;
えぇ、きっと明日乙女ロードでうろうろしていると思いますww
見かけた方はそっと見守って下さい。見かねたら声掛けて下さい(ぇ)

そのためじゃないけれども、年末年始は何かと出費が嵩むので
コミックとかの購入は自重しています。古本屋に行かないようにとかw
だって行ったら絶対に買っちゃうんだもん。意志弱すぎだよ自分;;


   *  *  *


えっと。先週ちらっと『少年編』に出てきましたね、我愛羅。
音忍の1人を消しちゃって、巻き添えな形でハヤテも亡くなって…
木の葉崩しに向けて、着々と連携が進んでいますね。あぁぁあぁ;;
我愛羅の過去、背景にあるものはすっごく悲しい事なんだけど
それがあるからこそ、ナルトと分かり合う事になるんだと思うと
何とも言えない気持ちになります。でも観たいって気持ちもあって…

あぁ、すっげぇ複雑。 まぁ結局は観たい気持ちが勝ちますが←

苦悩しながらも戦う姿もカッコ良いですけど、やっぱり楽しみなのは
回想シーンですよね。これはちび我愛羅はもちろん、夜叉丸含めて。
石田彰さんと保志総一朗さんの共演って、いーっぱいありますけど
『NARUTO』って他とはキャラの位置が逆だから貴重ですよね。
 

『最遊記』の八戒さんと悟空のイメージがすっごく強いのもあって
「石田さんキャラが年上・冷静、保志さんキャラが年下・やんちゃ」
…っていうのが本当に頭の中にあるんですよね、固定観念のように。
『好きしょ』の七海ちゃんと直とかも、先生と生徒だしさ。
『SEED』のアスランとキラは同い年ですけど、自爆したあとに
「泣き虫で甘ったれで…」なんて風にキラの事を言っているように
やっぱりアスランの方がキラよりも大人びている印象がありますし。
(まぁそれは幼少期の事で、精神力・決断力はキラの方が上だけど。)

あ、『最遊記』と正反対でびっくりしたのは『TOE』でしたね。
当時の声優雑誌を入手したら、石田さんと保志さんの対談があり
その中で『最遊記』と『TOE』について聞かれたご本人たちが
「立場が正反対で不思議なカンジがした」と答えてらっしゃって。
その後アニメをちょこっとだけ観て、本当だとびっくりした覚えが。

我愛羅と夜叉丸って、どちらかというと『最遊記』より『TOE』ですが
年齢差とかキャラ設定とかを考えると、他にはない気がします。
お二人の声のイメージからすると、きっと逆になりますよね。
でも観ていて全然違和感がないんだから不思議。っていうかすごい。

何といっても、間違いなく10歳以下だろう我愛羅を
石田さんが演じているって事がすごいと思うんですが。


昨日書いた、『五十嵐くんの人に言えない銀の夜』の弟くんとは
全く違うタイプのショタ声ですもんね。タイプっていうか性格。
…いや、性格じゃないのか。もちろんそれもあると思うんですけど
1番はやっぱり演技力ですよね。ただただ、すごいなぁとしか…
 
ちび我愛羅って、弱ってる時の『あらしのよるに』のメイよりも
弱弱しくって幼い声ですよね。知ってる中で1番か弱い気がする。
 
関連記事
別窓 | 声優・石田彰さん偏愛記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<お目当て。 | ○monoRise○ | ミリオン予備軍!?>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| ○monoRise○ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。