声優・石田彰さんを主に、節操無しにヲタ語り。相手してやって下さい。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
COMIC REVIEW 74.
2009-06-03 Wed 23:49
Nana (9) (りぼんマスコットコミックス―クッキー (1506))Nana (9) (りぼんマスコットコミックス―クッキー (1506))
(2003/11/14)
矢沢 あい

商品詳細を見る



◆『NANA』9巻/矢沢あい先生◆

【Caglla的評価】
ストーリー:★★★☆☆
キャラ:★★★★☆
飢えた人:★★★★★

【STORY】
奈々の妊娠、タクミとの結婚の決意は
「ブラスト」、「トラネス」双方に大きな波紋を呼ぶ。
ナナは奈々が理解できず混乱する。
「トラネス」側ではレイラが…!?


読み返せば読み返すほど、本当に勝手だなぁと思ってくる。
ハチはもちろんだけど、ナナもね。Cagllaからすれば同じです。
だって、何も与えずに与えてもらえるはずないんだもん。
手を伸ばしているだけで、声を上げる事をしていない。
それなのに、自分は1人なんだって悲観するのはおかしい。
こういう風にマンガで見ればそれがすぐに分かるのにね。
実際、現実にこんな状況になるとそれが分からないんだよね。


Cagllaはシンちゃんとヤスが好きだから、どうしても
その2人に感情移入してしまうから余計なのかも知れないけど
ヤスの、「うちのバンドには、ナナといいシンといい
人様の愛情に恵まれずに育っちまったやつらもいますしね」
っていうこの言葉が、この巻で1番胸にグサっときました。

巻末の番外編『NAOKI』で、そう言って周りを大事に思っている
ヤス自身も、施設で育ったんだという事を知って
改めて、ヤスって何て愛の深い人間なんだろうと思いました。

みんな裏切りや嫌悪の目に慣れているから、だからこそ
すぐにそれを何でもないように受け止めてしまっているけれども
本当はその心はズタズタに傷付いているんですよね。
そして今、シンはレイラに対してお金ではない感情を抱いていて
相手にとっても自分がそうであってほしいと願っているのに
レイラが頼りにしたのは、かつての恋人であるヤスだったと。
それで1度は落ち込むのに、でもそのヤスは自分たちで手一杯で
トラネスにいるレイラにまで十分に手が届いていないと気付いて
だったら自分が、と名樫さんになって元気付けようとするんですよ。
そしてその事に、ヤスはきっと気付いていないんですよ。

何かさ、それぞれが知らない部分を全部読んで知って
泣きそうになりました。どうしてこんなに不器用なんだろうって。
 
関連記事
別窓 |  ∟コミック・ドラマCD | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『エヴァ』再放送決定!! | ○monoRise○ | 早くも再来週v>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| ○monoRise○ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。