声優・石田彰さんを主に、節操無しにヲタ語り。相手してやって下さい。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
夢を見た。
2009-05-28 Thu 01:11
今日は叔母とデートしてました。雨降らなくって本当に良かった*
目的は、2月から一緒に行こうと約束していた国宝・阿修羅展。
Cagllaは何とか9時に東京国立博物館に到着したんですけども
静岡から高速バスで東京駅に向かっていた叔母の乗るバスが
事故による渋滞に巻き込まれ、何と1時間も到着が遅れるという;;
やっと10時に合流できたんですが、その時すでに50分待ち。
ようやく中に入れてからも、ものすごい人混みで自由に動けず
「一体いつ、阿修羅に辿り着けるの?」と泣きたくなったんですが。

水晶の美しさに目を奪われ
当時の精製技術の高さに驚かされ

そしてついに、阿修羅像の展示室。

展示室に入ってすぐ、遠目に見えたオレンジ色の阿修羅像。

黒一色の決して狭くはない部屋の中にひしめく人々。
阿修羅像の周りを時計回りに進むように声を上げる係員さんたちと
大きくはない声だけど、口々に感想を述べるたくさんの観客。

ざわざわしていてとても静かな状況ではないはずなんですけど
その中にあって、阿修羅像はものすごく厳かな空気を醸していて
あの時の衝撃をどう表現していいのか分からないんですけれども
とにかく、いい意味での異様な空気に圧倒されました。

ファンクラブに入る人がいるってのも、分かる気がしました。

何とか上手い具合に人の波をすり抜ける事に成功して
阿修羅像を囲む円形のガードから2列目をゲット。
周りに押されながら、頑張って1周半して目に焼き付けてきました。

見終わった後も、しばらく夢を見ているような心地でした。

平安時代以前に興味が深いCagllaは、阿修羅像のあとの
鎌倉時代以降の第2展示室は、さらっとしか見ませんでしたが;
 

その後、お昼食べてから池袋に移動してお買い物開始。
叔母に乙女ロードの説明をするとは思いませんでしたけどねw

そしていつぞやの母に続いて、
叔母もアニメイトに付き合わせた自分←


ただ偏見がないだけの母と違って、叔母はどちらかというと
アニメやマンガについて理解があり、いくつかラノベを薦めたら
わざわざ図書館で借りて読んでくれたりするような人なんです。
オバチャンだし、周りに若い人がいない環境にいるから
Cagllaと会うのはいい刺激になると、いつも言ってくれます。
別にそれはヲタ文化だけに限らず。携帯操作を教えたりとかもね。

ちなみに乙女ロードの説明の際に、BLについても説明。
簡単に「男の子と男の子の恋愛」としか言ってませんけれども
(えぇまさか両想い→即ヤる(しかもガチ)とは言ってません。)
Cagllaはそれを読んでる「腐っている」女の子だと言ったところ
「恋愛でしょ?うん、いいんじゃないの?どんな形でも。
 ただ、Cagllaちゃんがそっちの道に進むのは困るけどな」、と。
でも、「困る」けど「反対」はしないからねと必死に言ってくれました。

やっぱりあの父の妹さん。
ちょっとずれてる気がしないでもないけど、ありがとう!w

そして、『君と僕。』7巻をレジに出したら420円だと知った叔母が
「それくらいのやったら買ったるよ」と、買ってくれました。
他にも今日は、チケットからお昼、おやつ、電車代まで
ほっとんど叔母に出してもらってました。もう本当にありがとう。


そんなCaglla。叔母を見送ったあと、東京駅からの帰り道。
何か聴きたいなぁと思って、iPodをぐるぐると回して選択したのは
『万葉恋歌 椿の章』。先月届いて、まだトラック1しか聴けてn(殴)
地元駅着くまでに全部聴けるなぁと思って、早速再生。
当然ながら石田彰さんオンリー、顔がにやけるのは必然。
顔を俯けてたのは寝てたからじゃないんだ、必死に隠してたんだ。

でも、山上君と両想いになり、数年後、同棲している朝の風景。

・・・・・・っ!?
・・・・・・っ///

・・・ごめん、神がいた。

阿修羅以上の神を見た。

あんなに電車の中で叫びたくなったのは
石田さんのマウス脱退を知った時以来…そんな前でもなかったw


せっかくの貴重な体験も、ヲタにかかれば一瞬で吹っ飛ぶらしい。


◆今日の購入(してもらった)作品。
≫『君と僕。』7巻/堀田きいち先生

君と僕。 7 (ガンガンコミックス)君と僕。 7 (ガンガンコミックス)
(2009/05/27)
堀田 きいち

商品詳細を見る
関連記事
別窓 | ヲタ視点の日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<金曜ロードショーに『ヱヴァ』。 | ○monoRise○ | アス受SSS・その2。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| ○monoRise○ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。