声優・石田彰さんを主に、節操無しにヲタ語り。相手してやって下さい。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
『鋼の錬金術師FULLMETAL ALCHEMIST』第1話感想。
2009-04-12 Sun 20:22
◆第1話「鋼の錬金術師」◆

【STORY】
元国家錬金術師でありながら
イシュヴァール殲滅戦後、反体制派に寝返った男
「氷結の錬金術師」アイザック・マクドゥーガル。
そのアイザックがセントラルに姿を現した。
彼を捕縛するため大総統キング・ブラッドレイの命により
「焰 の錬金術師」ロイ・マスタング、そして機械鎧の手足を持つ
少年「鋼の錬金術師」エドワード・エルリックと
その弟アルフォンス・エルリックらが動き出した。
多くの人を殺めながらも、何かを企みセントラルで暗躍する
アイザック。その狙いとは…?

【CAST】
エドワード・エルリック …… 朴璐美さん
アルフォンス・エルリック …… 釘宮理恵さん
ロイ・マスタング …… 三木眞一郎さん
リザ・ホークアイ …… 折笠富美子さん
アレックス・ルイ・アームストロング …… 内海賢二さん
マース・ヒューズ …… 藤原啓治さん
キング・ブラッドレイ …… 柴田秀勝さん
ラスト …… 井上喜久子さん  ほか


第1話放送直後、mixiの『鋼錬』コミュなどの感想を観てみると
キャスト変更に反対している人はもちろん、それを受け入れてる人も
ストーリー自体については「えぇ~…;」という反応が多くて
それらを読んで、なかなか観る勇気が出なかった『鋼錬FA』。
第2話の録画予約をする前に、時間があったのでようやく観ました。


何か…頑張って25分にいろいろ詰め込んで説明しようとして
上手く説明できずにとっ散らかったっていう印象ですね、コレ。
コレは、多分、憶測ですがこの第1話だけを観た人からすると
訳の分からないまま、「鋼の錬金術師」という名前だけが
強調されていたなぁという感想なんじゃないかなぁと思います。
一体何度繰り返すんだってくらい、皆フルネームで呼ぶし。

作画についても、丸くなった、四角くなった、アメコミ化した…
などなど、たくさんの不満が出ているようでしたけれども
正直、Cagllaはそこまでの前作との差は分かりませんでした。
より原作に近いキャラフォルムになったような気もしますし。

ただ、1つだけ解せないというか、何でだろうと思ったのは
作中で出てくる、吹き出しや文字といったマンガのような演出。
前作にはこんなのなかったですよね?あれ?ありましたっけ?
Cagllaは、アニメでのこのような演出が嫌いなんですよ。
だって、平面のマンガでは表現できない動きや光や音で
それらの書き文字で説明しなきゃいけない子とを表現してこそ
マンガ作品をわざわざアニメ化した意味があると思うんです。
何かに気付く、思い出すという時の3本線も、アニメにはいらない;

だから個人的には平面演出がなければ、嫌いではないです。

あ、違う、嘘。やっぱりキャストが違うという事には違和感。
エドとアル、ヒューズさんやブラッドレイ(も一緒でしたよね?)、
前と同じ人が出てくるのに、違う人の方が圧倒的に多いから
ちょっと画面から目をそらすと、「あれ?新キャラ?」なんて。
きっとこの先、『ガンガン』付録としてドラマCDが出ると思いますが
そうなると、慣れてないと結構キツいような気がします。
ほら、アニメだと画で助けてもらえるじゃないですか。認識媒体。

慣れるまでにはかなり時間がかかりそうですね;;
 
関連記事
別窓 |  ∟アニメ・TV・イベント | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<○mono?Rise○…70 | ○monoRise○ | カラオケオフ会!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| ○monoRise○ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。