声優・石田彰さんを主に、節操無しにヲタ語り。相手してやって下さい。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
COMIC REVIEW 18.
2006-08-22 Tue 14:13
20070730230744

 

◆『最遊記』3巻/峰倉かずや先生◆
 
  【Caglla的評価】
   ストーリー:★★★★☆
   キャラ:★★★★☆
   強い信頼:★★★★★

  【STORY】
   道中、一行の前に現れた“救世主”と呼ばれる法力僧・六道。
   彼は、三蔵と因縁浅からぬ「札使い」朱泱の変わり果てた姿だった。
   その六道が悟空目掛けて振るった錫杖が、三蔵の身体を貫く。
   凍てついた時の流れの中、雨音だけが響き渡っていた…。
 

“斉天大聖孫悟空”。
大地のオーラが集結し巨石に宿った異端なる生命体。
自らの目の前で倒れた三蔵に、悟空が暴走しました。
悟浄が何とか動きを抑えた瞬間、金鈷が元に。
そして、“自愛”と“卑猥”の象徴である
唯我独尊・自尊心過大な観世音菩薩が登場(違)
意味深発言+回想+悟浄と三蔵にキスをして去りました。

何とか六道を解き放った……と思ったらまた一難。
アイツですよ。変態易者ですよ。清一色。大っ嫌い(怒)
八戒さんに不穏な言葉を掛けた上、はた迷惑な事を…

式神退治のため手を組む三蔵一行+紅達。
女版悟空・李厘ちゃんや、悟浄の兄・独角も勢揃い。
「皆さんもお元気で」…本当にアンタらは敵同士なの?

光明三蔵、大好きです。この方、絶対最強でしょ。
関連記事

別窓 |  ∟コミック・ドラマCD | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<SPIRAL COMPLEX-28 | ○monoRise○ | CD REVIEW 12.>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| ○monoRise○ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。