声優・石田彰さんを主に、節操無しにヲタ語り。相手してやって下さい。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
COMIC REVIEW 43.
2007-07-29 Sun 21:37
20070729213726
 

◆『NANA-ナナ-』4巻/矢沢あい先生◆
 

  【Caglla的評価】
   ストーリー:★★★☆☆
   キャラ:★★★★☆
   恋愛度:★★★★☆

  【STORY】
   奈々は章司が自分ではなく幸子を「彼女」と
   呼んだ事で2人の関係を知り深く傷つく。
   一方、ナナは新メンバーを加えたバンド、
   『ブラスト』で、東京初ライブを行い…!?
 

ついに、章司が二股かけてる事がバレました。
しかも最悪な形。名前がサチコだったしね(そこ?)

「いらない……」

そう言ってばっさり章司との関係を切り捨てた奈々。
この1件で章司は読者から相当嫌われたらしいですが
寧ろCagllaは、章司よりも奈々への嫌悪感が増しました。
確かに、問題をずるずると先延ばししていたのは
かなり最低だとは思いますけどね。二股だしさ。
でも、自分の事ばかり考えて振り回すだけ振り回して
自分だけが可哀相だと思ってる奈々の方が嫌です;

それで恋愛は懲りたからナナがいればいいってなって
なのに美里ちゃんが現れた事で居場所を取られた~って
泣いてやつ当たってるんですよね。子供じゃん。
 

さて。レンとナナが恋人同士だったという事が発覚し
同時にヤッさんの人の良さが明らかになりました。
やっぱりヤッさん素敵!カッコ良いし寡黙だし
何も語らないナナの様子に、敏感に感じ取ってました。
捨て猫みたいなナナと、すごく心配そうなヤス。
ヤスがいるから、ナナ達も安心なんでしょうね。

で、その新たに心配の種となりそうなシンちゃんは
レンの事を全部知っていました。酔っ払ったノブから聞いて。
そしてやっぱり奈々より断然大人でした。精神的に。

レンとナナが別れたのは、ナナが女としての幸せより
ボーカリストとしてのプライドを守る事を選んだから。
だからナナは、必死になってプロを目指している。

「レンを越えてね、シン」

シンちゃんが入った時のナナの言葉はすごく重かったんですね。

レンは今もナナを想っているよねと聞かれて
「あぁ、思うよ」、と小さく笑って答えたヤッさん。
ナナが真夜中に訪ねて来た時に少し逡巡したのは
レンが同じ時間に、同じ言葉でいつも来るからだったんですね。

「またおまえか、何事だこんな夜中に」

そう言ったヤスと言われたレンの柔らかい顔。
この2人の繋がり、絆っていうのは強いんだろうなぁ。
 

「今でもレンを好き?」
「知っててあたしを連れて来てくれたんだね。ありがとう」

奈々の地元でのトラネスの全国ツアーライブ。
席は、ギターの前の最前列。レンの立つ真ん前。
 
 
 
人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking
 
関連記事

別窓 |  ∟コミック・ドラマCD | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<明日使えるムダ知識をあなたに。 | ○monoRise○ | CDTV -'07.07.28>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| ○monoRise○ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。