声優・石田彰さんを主に、節操無しにヲタ語り。相手してやって下さい。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
COMIC REVIEW 20.
2006-12-23 Sat 22:33
◆『君と僕。』3巻/堀田きいち先生◆
 

Scene9「りんごのとなり」は、すごく好きな話です。
高橋さんのあたふたして赤くなるトコが可愛いし
さりげなく優しい悠太がカッコ良すぎてもうっ///vV
いつもながら多くを語らず分かり合ってる双子もいい。
「ついてったげる」に、どれだけ癒されたか…。
悠太は少し高橋さんに惹かれてたんだと思います。
29ページとか48ページとかの2人、見てて好きです。

続いて、文化祭の準備から当日のお話。
頑張りすぎる要がCagllaに似てると言われました(…)
プライドのあまり、東先生に対抗してしまい
お姉さんの前では素っ気ない態度しか取れないトコは
違うと言ってくれましたが。良かった、違って(笑)

そして1番のサプライズ!30間近のあきらくん!!(爆)
いやー何つーか想像通り無邪気で黒くて笑えた。
あれで三十路近いとか本当有り得ないんですが;
でも、こーちゃんとあきらくんが見れて良かった♪

悠太と要が好きなCagllaにとって、今巻は至福ですv
でも、何だかローキックが宙を切ってるというか←何それ
1巻、2巻、3巻と、だんだんCagllaのツボから外れてて
普通のストーリーマンガっぽくなってるような気が…。
幼稚園編の4コマが、やっぱり絵柄含めて1番好きです。
ただ単に、メリーや頭に花咲いてるののキャラが
あんまり好きじゃないってだけではなくですね。
いや、もちろんそれも理由としてはあるんですが(コラ)
最初の頃の方が好きだったなぁ…だんだん熱が…;

とりあえず、表紙折り返しにいるカラーの悠太と
妙に美人な貞子コスとあとがきの要にヤラレました。
それからScene10「naked king」の扉絵の要も!
この4つでCagllaの趣味・好みがはっきり分かります。
 
関連記事

別窓 |  ∟コミック・ドラマCD | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『花咲きセンチメンタル』:COMIC REVIEW 21. | ○monoRise○ | CD REVIEW 22.>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック


| ○monoRise○ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。