声優・石田彰さんを主に、節操無しにヲタ語り。相手してやって下さい。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
郁琥SS。
2010-11-22 Mon 23:24
※『Starry☆Sky』の郁琥SS(S)です。意味が分からない方・嫌な方は回れ右。


「何やってんの?琥太にぃ」

明日は祝日で休みだからと、帰ってきたのは寮ではなく自宅。
学校の寮も悪くはないのだが、元気有り余る男ばかりの高校生や
生徒以上にうるさい教育実習担当の教師は、自分に合わないし
愛しい人と甘い時間を過ごすには、あまりにもムードに欠ける。
帰宅してすぐ、疲れと汗を拭おうとシャワーを浴びて出てきた郁は
頭に載せたバスタオルの隙間から覗いた光景に、そう言葉をかけた。
目の前のダイニングキッチンからは、いいにおいがしている。

「見て分からないか?」

小さなミルクパンを軽く振りながら、彼が逆に問う。

「いや、やってる事は分かるんだけど」
「つまみが何もなかったからな。
 あぁ、冷蔵庫の中のもの、勝手に使わせてもらったぞ」
「いや、それは構わないんだけど…」
「何だ?歯切れが悪いな、郁」

そう言ってようやく振り向いた彼に
郁は率直に、その光景に対する感想を述べてみた。

「琥太にぃ、料理できるんだ」
「失礼だな。つまみを作るくらい、俺だってできるさ」

片付けるという事がこの世で1番嫌いだとでも言うように
寮の自室だけでなく、保健室までもを私物化しているこの保健医が
料理ができるなど、目の当たりにしている今も信じられない。
けれど事実、彼の手に握られたミルクパンの中を横から覗き込むと
賞味期限が気になっていた食パンが、大雑把ではあるがちぎられ
チーズとコンソメの素だろうか、をまぶされてこんがりと焼けつつある。
へぇ、と思わず郁が漏らした声に、彼は苦笑を返した。

「余り物だけの即興だから、あんまり期待するなよ」
「充分期待するよ、おいしそう」
 
郁琥SS。…の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | 妄想の欠片 | コメント:0 | トラックバック:0 |
星月先生SSS。
2010-05-22 Sat 06:47
サイト用に書いた星月先生夢SSなんですが
名前変換1回だし、普通に月子相手のNLでもいけるなと思って。


   *  *  *



【Ask】


初めて本気で好きになった相手は自分より9つも年下で、それも生徒。
俺が保健医兼理事長なんて肩書きを持っているものだから、
決して周囲に知られてはいけない。
だから今夜も学校の屋上庭園で待ち合わせ。
天気がいい夜の2人の約束。
そこで喋りながら星空を眺める、というのがいつものデートなのだが
ふと視界の端を掠めた一筋の光に、
彼女は慌てて目を瞑り手を合わせて祈り始めた。

「……随分と必死になってたな」

ようやく顔を上げた彼女にそう言ってやると、
何故かその頬が少し赤くなった。

「どうした?何だ、また風邪引いたのか?」
「ち、違います。あの、星月先生はお願い事しないんですか?」
「もうそんな歳でもないだろう」

流れ星を見つけたら願い事を3回唱える。
父親が、この星を専門とした学園の理事長だった事から
物心つく前から自然と習慣のように星空を見上げているけれど
星に願い事をしたのは、あったとしてももう随分と前の事だ。

「…それって私が子供だって事ですか?」
「お、お前も分かるようになってきたな」

やっぱり子供扱いだとむくれる彼女の頭を撫でてやると
更に機嫌を損ねたらしく、コロコロと変わる表情が
愛らしくてやった行動が裏目に出たかと後悔する。

「ところで、何をお願いしたんだ?」

頭の上に乗せた手を少しずらして、優しくこちらへと引き寄せれば
赤らんだ頬のまま、彼女はゆっくりと俺を見上げてきた。
 
星月先生SSS。…の続きを読む
別窓 | 妄想の欠片 | コメント:0 | トラックバック:0 |
アス受SSS・その5。
2009-06-18 Thu 17:41
シン→アス?SSSです。苦手な方、意味が分からない方は回れ右。
 
   *  *  *


「何やってるんですか?」

まさか、夜中の3時に声を掛けられるとは思わなかったのだろう。
大袈裟なほど肩を震わせて振り向いた顔は、珍しいものだった。

「シン。あ、いや、少し寝付けなくて…君は?」
「目が覚めたから、何となく、です」

答えると、そうかと苦笑して、アスランは視線を元の場所に戻す。
本当は、トイレ行ってすぐに部屋に戻るはずだったんだけど。
たまたま姿が見えたから来ただけ、そう言い聞かせながら
アスランの横、手すりに寄り掛かって同じようにシンも空を眺めた。
地上から星を眺めるのは久しぶりで、
月明りがあるとは言え、同じくらい暗い海との境界線が分からない。
だからか、宇宙で艦内から見るよりも
今こうして海の只中でデッキから見上げた方が
距離は遠いはずなのに、瞬く星の海は広く大きなものに見えて
ふと飲まれてしまいそうな感覚に、知らず隣に目をやると
アスランの瞳は、まるで動かなくなったように空を見ていた。
そう言えばさっき、別に気配を消していた訳ではなかったのに
あの先の大戦の英雄が声を掛けるまで自分に気付かなかったと
嫌な事に思い至ったようにざわついた心がうるさい。

そんな事あるはずないのに。
アスランが闇に取られてしまうような気がして。

「……」
「……」
「……あっ!!」

わざとらしかったかと、部屋に戻ってから恥ずかしくなったけど
そんなのこの時はどうでもよくて、勢いよく空を指差し叫んだ。

 
空が降ってきた!

(星だろうと振り向いた顔にほっとした。)
 
別窓 | 妄想の欠片 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ○monoRise○ | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。