声優・石田彰さんを主に、節操無しにヲタ語り。相手してやって下さい。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
CD REVIEW 52.
2011-02-10 Thu 02:35
デレなペットくんデレなペットくん
(2011/01/15)
宮野真守

商品詳細を見る
◆妄想彼氏シリーズ『デレなペットくん』◆

【CAST】
ダイチ …… 宮野真守さん

【Caglla的評価】
ストーリー:★★★★☆
キャラ:★★★★☆
クールなヒロイン度:★★★★★

 
この手の相手いない語りCDで、元気系キャラ聴くのは初めてです。
いや、元々この手のCDを聴くのは苦手なので数が少ないし
聴いたほとんどが石田さんだからねっていう。元気系に程遠い;

もうね、銀河美少年としか思えなくて笑いが止まらなかったw
そうでなくても、このダイチが面白いキャラだったんですけど。
デレっていうのは、構ってちゃんなのかなぁと思ったんですが
「あのね、それでね」って母親に甘える子供ってカンジなのかな?
ダイチの話し掛ける言葉だけ聴いたらちょっとウザく感じるんですが
ご主人様となるヒロインがかなりサッパリとした性格の持ち主で
結構似ている気がするんで、聴いてて楽でした。平気で叩くし←
つれなく返したご主人様に対してダイチの反応もいちいち笑える。
だってさぁ、こういう女の子が憧れる(らしい)シチュのCDで
「ダメ!待て!ハウス!!」ってヒロインが言うとかないわww
やり取り(1人だけど)聴いてると、ちょっとしたコントみたいです。
 
CD REVIEW 52.…の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 |  ∟コミック・ドラマCD | コメント:0 | トラックバック:0 |
COMIC REVIEW 76.
2011-01-28 Fri 14:45
◆『家賃半分の居場所です。』/麻生海先生◆

家賃半分の居場所です。 (花音コミックス Cita Citaシリーズ)家賃半分の居場所です。 (花音コミックス Cita Citaシリーズ)
(2009/03/28)
麻生 海

商品詳細を見る
【Caglla的評価】
ストーリー:★★★★☆
キャラ:★★★★☆
意外と狼w:★★★★★

【STORY】
「俺のとこ来るか?」
その一言から始まったちょっぴりムッツリ(?)だけど
頼りになる神崎とかわいい白石くんの同居(棲?)生活。
いつも笑顔を絶やさない頑張り屋さんの大学生・白石くんは
本当は一緒に暮らしている彼氏の浮気に悩んでいたのだ。
相談できるのはアルバイト仲間の神崎だけ。
同居は、白石くんを見かねてのお誘いだと思うけど…でも……!?
表題作含む、優しい悩めるオトナたちの
素敵な恋を描いた作品3編を収録。描き下ろし付きv

半分が表題作(全3話)。それから他のシリーズに続くお話(全2話)と
少し長めの読み切り1作の3編が収録されているんですけど
Cagllaが気に入ったのは読み切り以外。結構好きです、この方。
古本屋さんにて表紙と裏表紙が綺麗だなぁと購入したんですが
お話も、表題作は受の心情がすごく伝わってきて切なくなります。
ただ、彼氏と別れたばかりってのを考えると軽い印象ですけど
その彼氏との仲は冷めていて、攻に惹かれつつあるという事が
最初に描かれているので、そんなに気にはならなかったかなぁ。
1つ言うなら、この攻・神崎が何を考えているのかイマイチ掴めない;
恐らくは彼の言ってる「下心」があっての最初からの行動でしょうが
白石も、多くの読者と同じように「神崎は何を考えているんだろう」と
ぐるぐるハツカネズミしてくれているので、感情移入ではないけど
そうだよね分かる分かると、簡単に白石に同調できるんじゃないかと。

もう1編は、説明なしで話が始まるので唐突な印象がありますが
読み進めていくと、いつの間にか話に惹き込まれていました。
理解者が多いのは引っかかりますが、当事者の悩みは大変だなぁと;
 
別窓 |  ∟コミック・ドラマCD | コメント:0 | トラックバック:0 |
COMIC REVIEW 75.
2010-05-21 Fri 22:03
◆『hand which』/鈴木ツタ先生◆

hand which (バンブー・コミックス 麗人セレクション)hand which (バンブー・コミックス 麗人セレクション)
(2006/04/27)
鈴木 ツタ

商品詳細を見る

【Caglla的評価】
ストーリー:★★★★☆
キャラ:★★★★★
モノローグ:★★★★★

【STORY】
一流企業を辞めた途端に彼女にフラれた沢津は
大学時代の友達5人とヤケ酒。
「俺ァ、ホモになるぞ!」と叫んだ翌日、
目覚めると友達のひとりの宇高と素っ裸で寝ていた。
放心状態の沢津に宇高は「沢津がずっと好きだった」と告白し
「もう二度と会わない」と出て行った…。
友情と愛情の狭間で戸惑う男たちのじれったい恋を描いた
表題シリーズ他、衝撃のデビュー作や描き下ろしも収録した
ファン待望のファーストコミックス!


短編2作ずつのシリーズが3本+短編1作+表題作番外編。
計8作が入っているんですが、短編1作以外どれも好きです。
このコミックを古本屋さんで100円で買えた自分は超ラッキー。
って事で、シリーズ3本について感想を書こうかなぁと思います。

あ、断っておくと短編も話の雰囲気は他と同じなんですが
ヘタレ攻×オヤジ受というのがどうもCagllaは苦手なので;;
(しかも最後の最後まで逆だと思うような持って行き方だし。)
リバっぽいのとかヘタレ攻・オヤジ受が平気な人で
且つ、ストーリーとか心理描写重視の方には1冊まるまるオススメ。


●『hand which』・『シェイク ア ハンド』
 番外編『どういうことになったのかといいますと』

表題シリーズ。大学時代からの友人5人の中から2組できるという
それだけ聞くと「おいおい」ってツッコみたくなるお話です。

COMIC REVIEW 75.…の続きを読む
別窓 |  ∟コミック・ドラマCD | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ○monoRise○ | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。